人ごこち

住民メッセージ

林業 造林班

プロフィール

甲斐 功さん(諸塚村在住 職業:林業/造林班[班長])

山の仕事に20歳から携わっている甲斐さん。林産班などを経て10年前に独立し、現在は造林のお仕事をされています。甲斐さんが率いる作業班は6名、その内半数が女性という林業の作業班としては大変珍しい構成です。諸塚村では昔から女性も多く林業に携わっており、甲斐さん自身も女性の体力や子育てといった事情に配慮し、うまく男女の作業や役割を分け、女性にも無理のない環境づくりを進められているそうです。また、最近では若手の受け入れや育成にも力を注いでいらっしゃいます。

甲斐さんにお話を伺いました。

仕事の魅力

夏の間に行う「下刈り」は暑さもあって、確かに辛く感じることもあります。しかし、下刈りは植栽した苗や若い木を雑草や雑木から守り、強く質の良い大きな木に成長させる上で欠かすことのできない作業です。苗木を植えてから伐採できるような木になるまで約40年かかります。地道な作業ですが、年数をかけて成長していく木や立派になっていく山を見たときに、やっていて良かったなと思います。そして昼の休憩にそんな木や山の景色を見ながら家族の作ってくれた弁当を頬張る。これこそが山で働く者の特権です。

諸塚村の魅力

なんといっても豊かな自然が魅力です。1年を通して四季折々の美しい景色を見られますが、特にお勧めしたいのは秋の紅葉シーズンです。普段はあまり一般の方は通らない山道でも秋になると紅葉を見に来る方の車が少しずつ増えてくるんですよ。諸塚村は道路の整備が進んでいて、急なカーブも少なく、山道でも走りやすいんです。

山仕事の注意点

夏の間の健康管理や自然が相手なので蜂や蛇などにも気を付けなければいけません。また、機械を扱うことが多いのでケガをしないよう、毎日朝のミーティングで安全確認を徹底しています。

移住希望者へのメッセージ

山の仕事は安全が第一、いきなり難しいことを任せることはありません。まずはベテランと一緒に作業をしながらだんだん感覚をつかんでもらうんです。また、諸塚村では林業機械を操作する上で必要な資格を取るためのサポート環境が整っているので、やる気次第でステップアップもできます。不慣れな土地で新しい生活をスタートするのは不安も多いと思いますが、諸塚村はフレンドリーな人ばかりなので、困ったことがあってもきっと解決しますよ。だから、安心して来てください。