人ごこち

住民メッセージ

林 幸広

プロフィール

林 幸広さん(日向市在住 職業 障がい者福祉事業所スマイルホーム360所属、訪問美容サービスAOZORA代表)

地元日向市出身の林さん。高校卒業後、専門学校を経て美容師となり、自分の持っている技術を地域の中で活かせればとボランティアで訪問美容を始めました。その後、地元の小学校跡地に障がい者福祉施設を作るということで、その立ち上げに携わり、現在はその施設「障がい者福祉事業所スマイルホーム360」での仕事を主体に様々な活動に取り組んでいます。

林さんにお話を伺いました。

仕事について

福祉事業所スマイルホーム360は、障がい者の日常の生活を支援する生活介護と、この事業所の中でできるお仕事をしていきながら社会参画を支援していく就労支援の2つを軸に取り組んでいる事業所です。
現在、ここで働きながら、訪問美容の仕事も続けています。障害を持っている方や、なかなか美容室に行けない高齢者のために、もともとボランティアで始めたものでしたが、必要とする方が沢山いることに気付き、継続して行っていくために、今は事業化し、特にご家族のいない独居の人達を中心に訪問しています。

あと、「伝統野菜いらかぶ復活!プロジェクト」という活動も行っています。いらかぶは美郷町の伝統野菜で、最後の生産者がもうすぐ辞められて、無くなってしまうということを聞き、うまく何かに活用できないかと考えていました。そんな時、地域作物を研究する地域作物センターで以前、いらかぶの調理方法をいろいろ試していて、マスタードがすごく美味しかったという情報を聞き、自分を含めた近隣の有志3人でいらかぶでのマスタードづくりを始めました。これも元々、障がい者の就労支援が出発点で、地域の魅力発信と障がい者の社会参画を同時に解決していけるような仕事づくりを目指しています。現在は、いらかぶマスタードのサンプルを各所に配布して、良さを知ってもらいながら、障害のある人たちや地域の人達がうまく関わり商品化できるよう組み立てているところです。

移住者へのメッセージ

この地域には、川も山も海もあり、そこで獲れるたくさんの資源があります。それをうまく利用して仕事に繋げることもできると思います。また、いろんな仕事で担い手不足という現状もあります。
自分は、地域とそこで何かをしたいと思っている方のつなぎ役だったり、あるいは年配の方たちの経験に基づいた考えと若い人たちの新しい考え方をうまく繋げてあげられるような役割だったりを担っていければいいなと思っています。